スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルガリー バス Cトレイン

到着した3/27の夜遅く、ホストママが帰宅。

どうやら、仕事に行っていたらしい。

ママはフィリピン人、パパはマレーシア人のご家庭で、

韓国人の青年は、事情があって短期間だけステイしているらしい。

簡単に挨拶を済ませ、明日は出かけたいので、バスの乗り方を聞いて、

眠ることにした。



3/28 義妹とカルガリーZOOに行く予定でしたが、

雪が降っていたので、行き先をカルガリータワーと

グレン・ボウ・ミュージアムに変更。

バスの乗り方を教えてもらって、いざ出発。

ママがバス停まで送ってくれた。

canada4
バス停の前の空き地。ちょっと小高くなっている。
雪に喜ぶ娘。




バスは、行き先の案内がないので、自分の降りるバス停を

しっかり覚えておかないといけない。

バスは、当然おつりも出ません。

そして、バス停に時刻表とかバス停の名前は書いてなく、

行き先の番号が書かれているだけなので、ちゃんと降りれるか

かなり不安。

行きは終点で降りるからいいんだけど、帰りは大丈夫か??



バスに乗る時、Transfer(トランスファー)と言う、

チケットをバス運転手さんにもらう。

canada3
乗った時間のところで切られている。
左が時間で、右が分。
この場合、1300で切られている。

1300から1時間半はバス、Cトレイン共に新たに切符を
買う必要はない。
バスに乗るときは、運転手に見せればいい。



これは、バスを乗り継いだり、Cトレインに乗り継ぐとき、

最初のバスに乗ってから、1時間半以内なら切符を新たに

買わなくてすむチケット。

言わないともらえないので、欲しい場合はきちんと運転手さんに

言わないといけない。

そして、Cトレインに乗って、次にバスに乗りたい場合、

Cトレインのチケットがトランスファーとして使用できる。

canada5
C-TRAINのチケット。
上が大人で、下が子供のチケット。


カルガリーのCトレインには改札がなく、切符を通すところはない。

ただ乗りできそうな感じだけど、チェックする人がウロウロ

しているらしく、ただ乗りが見つかると、罰金2万円くらい

払わないといけないらしい。

Cトレインの券売機もおつりがでない。

そして、まとめ買いも出来ない。

料金は一律で、どこまで乗っても

大人$2.50、子供$1.75なんだけど、

まとめて買えれば$4.25で、小銭が少なくて済むのに、

バラバラに買わないといけないので、小銭の調達に苦労したわ。




バスの時刻表は

canada2



こんな感じになっていて、私は、Bのところが最寄バス停。

帰りはバスの運転手さんに、「Bでおりたいので、ついたら教えて」

と、頼んでおいた。

で、運転手さんは親切なので、ちゃんと教えてくれて下車したんだけど

どうにも、家にたどり着けない!

間違った場所で降ろされたと思い、もう一度同じ行き先のバスを待ち

乗車してみるが、やっぱり同じところで降りるように言われる。

仕方ないので、一時間くらい娘とさまよい歩き、道行く人にも

住所を提示するも、誰もよく分からないらしい。

時刻は午後6時。

このままでは凍死するかも!!

と不安になったところに、ガソリンスタンドやマクドナルドのある1画を発見。

GSに入って、道に迷ったことを訴え、タクシーを呼んでもらう。

陽気なケニア人のお兄ちゃんが運転するタクシーが到着。

タクシーに乗ってみると、歩けば15分くらいの距離だった・・・。


やっとの思いでホストファミリーの家にたどり着き、

ホストドーターに道に迷ったことを伝え、

バスの運ちゃんにもちゃんと、Bで降ろしてくれるように

お願いしたのに、なんでちゃんと降ろしてくれないの??

と、訴えると、

Bという停留所は、私の降りたい一箇所だけを示しているのではなく、

5カ所くらいの停留所の、ひとかたまりをあらわしているらしい。

私が、運転手さんに、「Bで降ろして」って頼んだので、運転手さんは

Bの1個目の停留所で降ろしてくれたけど、本当は、例のGSから

後3つ先の停留所で下車するのが正解らしい・・・。

だから、この場合、私は、運転手さんに、

「Bの3つ目の停留所で降ろして」

と、お願いすべきだったんだ・・・。



かなり疲れた1日だった。

ヘトヘトになってベッドに入ったのに、なぜか夜中の2時目が覚めて

眠れない。

神経がたかぶっているのか、時差ボケなのか。


明日は義妹は仕事。

義妹の働くショッピングモールへ行く予定なんだけど、

ちゃんと行けるのか・・・。

かなり不安。



スポンサーサイト

<< カルガリー 日本人留学生 | ホーム | カルガリー 母娘旅行 >>


コメント

syuさんへ
お久しぶりです!
カルガリー旅行記すごく参考になります!
それにしてもsyuさんすごいね~
私は引っ込み思案で海外で暮らしていても
あまりアクティブに動けないのですがsyuさんはどんどんチャレンジしている。
私はまだベトナムでバスに乗れてません。。(^-^;)
ベトナムもカルガリーとしくみが同じでバス停がよくわかりません。。
それに本場の英語の国で会話しているし。
私なんか通じない事多々あるし。。(^-^;)
カルガリー旅行記続き楽しみにしています!
私もいつかカナダ行ってみたいなぁ。
ではまたコメントしますね!

おかえり^^

読んだだけで恐ろしい。。。
私の場合しゃべれない&方向音痴なので
単独の行動は夫に阻止されていました。
syuちゃんすごいよ☆
でもこうやって外国に行ってうろうろしてみると
日本って事細かく説明がいろんなところに書かれてて
しかも他の国の言葉で書いてあったりするのでとっても親切よね~と思ったりしない??


えつこサマ

お久しぶり~!
バスって、日本でもよく分からないのに、海外だと
なおさらだよね(笑)
カナダは移民の国なので、ヘタな英語でもあまりいやな顔されないんだよね。
でも、通じないのはしょっちゅうだったよ(笑)
やっぱり、海外に観光で行くのと、生活するのじゃあ
全然違うよ。
えつこサンはすごいよ!
観光なら、まぁいっか。ってやり過ごせることでも
生活するとなったらそうはいかないもんね。
また、ベトナムでの生活も聞かせてね~!



さっこサマ

私もかなりの方向音痴よ。
今回は私を止める人がいなかっただけで(笑)

ほんと、日本はいろんなことがちゃんと表示されてて
親切だよね。
それでも、わからん!とかってキレるときがあるから
反省するわ。

実は、ブログに書かなかったけど、サンフランシスコ空港
でも道に迷ってるねん。
表示どおりに第3ターミナルに行ったはずが、
なぜか第1ターミナルのベンチに座っててん(笑)
乗り継ぎまでの時間がたっぷりあってよかったわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。