スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルガリー 母娘旅行

4月3日に、無事カルガリーから帰ってきました。

久々の海外旅行だったので緊張しましたが

なんとか行ってきました。

行く前に、いろいろネットで調べたりしたのですが

やはり、実際分からないことなんかもあったので、

参考までにUPしたいと思います。

「そりゃ基本でしょ!」ってツッコミが入るかもしれませんが(笑)

航空会社はすべて、ユナイテッドを利用しました。




3/27 成田空港 ー サンフランシスコ ー カルガリー

成田空港での手荷物検査。けっこう厳しかったです。

液体物(化粧水とか歯磨き粉)なんかは、100ml以下の容器に入れ

液体物だけを透明のビニールバックにいれ、カバンから出して

検査を受けます。

私は、自宅で100ml以下の容器に分けて、zip lockに入れていたので

問題なかったのですが、やっていなかったら没収だったのかな??


搭乗し、約10時間ちょっとのフライトを経て、サンフランシスコへ。
2人がけの席だったので、まぁまぁ快適でした。

でも、娘の機内食を kid’s meal にしたのですが、これが失敗。
七歳の娘には量が少なかったし、あまりおいしくなかった・・・。
kid’s mealだと一番に配ってもらえるけど、よほど小さい子以外は
大人と同じ機内食の方がいいかも。

サンフランシスコ到着。
サンフランシスコ空港については事前にサイトで調べていきました。

サンフランシスコ国際空港(SFO)
http://www.sf-japan.or.jp/modules/web1/index.php?id=1

私はSFOでカルガリー行きに乗り次だったので、乗り継ぎまで

約5時間空港にいました。

到着後、入国審査。

入国の目的を聞かれ、指紋をとられ、顔写真をとられます。

入国の目的、私の場合は乗り継ぎなので、何も書かずにいたのですが

英語でイロイロ聞かれると焦る!って場合はあらかじめ

Transfer UA6384  To Calgary

ってな感じで、次に乗る便名と行き先を書いとくといいかも。

指紋は、まず右手の指4本を機械の上において、次に右手親指。

さらに、左手の指4本、次に左手親指。の順に採取し、

その後カメラに向かって顔写真を撮られます。

ちなみに、入国審査は、私と娘(7才)いっしょにうけ、娘は指紋採取も

顔写真撮影もありませんでした。

すごく気さくな審査官で、

「ここを出て少し行ったら、寿司やうどんを食べられるお店が

あるから試してみるといいよ。そんなに高くないし」

ってなことを言われました。

審査後、スーツケースをいったん受け取って、また預けなおしました。

便によって違うと思うので、日本で荷物を預ける際に、ピックアップが

必要か聞いておくといいかと思います。


SFOからカルガリーへ。約3時間のフライト。

今度は小型機だったので、「せまっ!」って感じでした。

それに、掃除がされていなかったので、ポテトチップスが床に散乱していて

ちょっと、テンションが下がりました。

夕飯を機内食で。と思っていた私はあてがはずれ、機内では飲み物

しか出ませんでした。


3月27日、夜8時45分ごろ、カルガリーに到着。

カルガリー国際空港(YYC)は小さい空港なので迷うことはないと思います。

カルガリーでの入国審査。

・・・これが、予想外の質問をされ、ちょっと焦りました。

まず、娘を見て、

審査官 「この子は?」

私    「娘です」

審査官 「入国の目的は?」

私    「観光です」

審査官 「旦那さんは?」

私    「日本にいます」

審査官 「旦那さんは、あなたたちがカルガリーに来ること知ってるの?」

私    「知ってます」

審査官 「じゃあ、日本の住所に手紙を送ってみていい?」

私    「いいですよ」

審査官 「滞在先は?」

私    「妹のところです」

審査官 「妹がいるの?住所は?」

私    「ここです(住所をみせる)」

それでやっと、パスポートにハンコおして、じゃ、どうぞ。って感じで通される。

スムーズに流れているように書いてるけど、実際は、三回くらい

聞きなおしてるし、旦那さんは?って聞かれるのは想定外だったので

驚きました。



空港に、義妹と義妹の友人(おばあちゃん!)が迎えに来てくれて

いよいよホストファミリーの家へ!

でも、機内でご飯を食べ損ねたので、Tim Hortons というドーナツや

サンドイッチのファーストフード店でご飯を食べてから行きました。

http://www.timhortons.com/


夜11時前にホストファミリーの家に着いたのですが、家が真っ暗。

到着が遅くなるって言う連絡入ってるはずなんだけど・・・。

ホームステイコーディネータもいない・・・。

どうなってんの!?

って感じだったけど、義妹が呼び鈴を押してくれたら、

ホストパパが、「ここだよ」って感じで荷物を運んでくれた。

なぜだか、ホストママは不在で、ホストドーターと、韓国人の青年が1人。

日本人の女の子が1人ステイしてるって聞いてたんだけど、

姿が見えない・・・。

そして、韓国人青年がいるってことは聞いてなかったんだけど・・・。

さらに、うるるん滞在記ばりに、テンション高く迎えてくれるものだと思っていたので

あてが外れた(笑)

なんだか、謎の多い初対面で、いろいろ聞きたいこともあるんだけど

疲れたし、明日聞くことにして、自分の部屋へ。


canada1



つづく

















スポンサーサイト

<< カルガリー バス Cトレイン | ホーム | カナダ~ >>


コメント

意外(^_^;)

入国審査って,こんなに厳しかったっけ。
私はツアーが多かったからかなあ。
時代がかわったのかしら。
それにしても,娘さん,すっかり
お嬢様に成長したね。
写真をみていて,びっくりだよ。

Re: 意外(^_^;)

カナダって移民をすごく受け入れてる国なんだけど
違法に住み着いちゃう人も多いらしいんだよね~。
私の場合は子連れで、夫がいなかったから
チェックされちゃったのかなぁ??
こんなに厳しかったのは初めてだよ。
娘、大きくなったでしょ~。
前から大きかったけど(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。