スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルガリー 母娘旅行 最終回

長々と書いてきたカルガリー旅行ですが、いよいよ最終回。

8:45AM カルガリー発の飛行機に乗るために、6:30AMに

カルガリー空港へ。

空港は早朝にもかかわらず、すごい人!

空港には早めに行くことをオススメします。

空港でカナダの出国書類とアメリカの入国書類を書き

出国カウンターへ。

システムがよく分からなかったんだけど、

出国の際、アメリカで受けた、顔写真撮影と指紋採取をうけたような・・・

そして、アメリカでは入国審査がなく、そのまま搭乗。

乗継だったからかな??


サンフランシスコ空港についてから、かなり歩き回りました。

お買い物のためではありません。

いろんなことに迷っていたのです・・・。


まず、スーツケースのピックアップ。

日本を出発するときに、UAのカウンターで確認したところ

サンフランの乗り継ぎでは、行きも帰りもピックアップ必要とのこと。

確かに、行きはピックアップしたので、帰りもそうだと思ってたら

ピックアップする感じじゃない・・・。

機内でなんかアナウンスしていたような気もするけど

英語だったしよくわかんなかった。


でも、不安なので、baggage claimに行って、荷物の確認を

すると、ピックアップは必要ないらしい・・・。


な~んだ、と思ってもとの場所に戻ろうと思ったら、

もう1回手荷物検査を受けなければならず、

長い列に並び、靴脱いで、金属探知機を通る。

そして、なぜか、また道に迷い、違うターミナルにいてる私たち・・・。

時計を見ると、飛行機出発まで後30分!!
(帰りは行きよりも乗り継ぎ時間が短かった)

焦って、自分の搭乗カウンターへ走る・・・!

でも、ふと、空港の時計を見ると、まだ1時間半前・・・。

時差・・・。1時間あったのね。


もう、なにかと面倒だわっ。まったく!

と、プリプリしていたけど、買い物でもしようと気を取り直し

かいそびれちゃったお土産を物色。

それから、やっと搭乗。


機内では隣の席の青年がひどい咳をしていて、かなりヒンシュク。

彼以外の回りのお客さんはみんな、マスク着用。

もちろん、私も娘もマスク着用。

しかし、当の本人はマスクを持ってないらしい。

飛行機や新幹線、バスなどに長時間乗るとき、

マスクは必須アイテムかも。


機内食、頼めば2つもらえるよ~。と友人から聞いてたので

帰りはトライしてみた。

「チキン or ビーフ?」

と聞かれたので、

「両方ください」

って言ったら、「は?」って言われちゃった(笑)

でも、「キッズミールだと足りなくて。」

って言ったら、

「あまったらあげるね。」

と言われ、もらえました。

お腹が減ってる場合、「もしあまったら、もう1個ください」

って言えばもらえるよ~(笑)



長いフライトを終え、やっと日本到着。

東京の人多さにフラフラしながらも、

「言葉に不自由しないってステキ」

と改めて思って、家路につきました。

スポンサーサイト

カルガリー バス Cトレイン

到着した3/27の夜遅く、ホストママが帰宅。

どうやら、仕事に行っていたらしい。

ママはフィリピン人、パパはマレーシア人のご家庭で、

韓国人の青年は、事情があって短期間だけステイしているらしい。

簡単に挨拶を済ませ、明日は出かけたいので、バスの乗り方を聞いて、

眠ることにした。



3/28 義妹とカルガリーZOOに行く予定でしたが、

雪が降っていたので、行き先をカルガリータワーと

グレン・ボウ・ミュージアムに変更。

バスの乗り方を教えてもらって、いざ出発。

ママがバス停まで送ってくれた。

canada4
バス停の前の空き地。ちょっと小高くなっている。
雪に喜ぶ娘。




バスは、行き先の案内がないので、自分の降りるバス停を

しっかり覚えておかないといけない。

バスは、当然おつりも出ません。

そして、バス停に時刻表とかバス停の名前は書いてなく、

行き先の番号が書かれているだけなので、ちゃんと降りれるか

かなり不安。

行きは終点で降りるからいいんだけど、帰りは大丈夫か??



バスに乗る時、Transfer(トランスファー)と言う、

チケットをバス運転手さんにもらう。

canada3
乗った時間のところで切られている。
左が時間で、右が分。
この場合、1300で切られている。

1300から1時間半はバス、Cトレイン共に新たに切符を
買う必要はない。
バスに乗るときは、運転手に見せればいい。



これは、バスを乗り継いだり、Cトレインに乗り継ぐとき、

最初のバスに乗ってから、1時間半以内なら切符を新たに

買わなくてすむチケット。

言わないともらえないので、欲しい場合はきちんと運転手さんに

言わないといけない。

そして、Cトレインに乗って、次にバスに乗りたい場合、

Cトレインのチケットがトランスファーとして使用できる。

canada5
C-TRAINのチケット。
上が大人で、下が子供のチケット。


カルガリーのCトレインには改札がなく、切符を通すところはない。

ただ乗りできそうな感じだけど、チェックする人がウロウロ

しているらしく、ただ乗りが見つかると、罰金2万円くらい

払わないといけないらしい。

Cトレインの券売機もおつりがでない。

そして、まとめ買いも出来ない。

料金は一律で、どこまで乗っても

大人$2.50、子供$1.75なんだけど、

まとめて買えれば$4.25で、小銭が少なくて済むのに、

バラバラに買わないといけないので、小銭の調達に苦労したわ。




バスの時刻表は

canada2



こんな感じになっていて、私は、Bのところが最寄バス停。

帰りはバスの運転手さんに、「Bでおりたいので、ついたら教えて」

と、頼んでおいた。

で、運転手さんは親切なので、ちゃんと教えてくれて下車したんだけど

どうにも、家にたどり着けない!

間違った場所で降ろされたと思い、もう一度同じ行き先のバスを待ち

乗車してみるが、やっぱり同じところで降りるように言われる。

仕方ないので、一時間くらい娘とさまよい歩き、道行く人にも

住所を提示するも、誰もよく分からないらしい。

時刻は午後6時。

このままでは凍死するかも!!

と不安になったところに、ガソリンスタンドやマクドナルドのある1画を発見。

GSに入って、道に迷ったことを訴え、タクシーを呼んでもらう。

陽気なケニア人のお兄ちゃんが運転するタクシーが到着。

タクシーに乗ってみると、歩けば15分くらいの距離だった・・・。


やっとの思いでホストファミリーの家にたどり着き、

ホストドーターに道に迷ったことを伝え、

バスの運ちゃんにもちゃんと、Bで降ろしてくれるように

お願いしたのに、なんでちゃんと降ろしてくれないの??

と、訴えると、

Bという停留所は、私の降りたい一箇所だけを示しているのではなく、

5カ所くらいの停留所の、ひとかたまりをあらわしているらしい。

私が、運転手さんに、「Bで降ろして」って頼んだので、運転手さんは

Bの1個目の停留所で降ろしてくれたけど、本当は、例のGSから

後3つ先の停留所で下車するのが正解らしい・・・。

だから、この場合、私は、運転手さんに、

「Bの3つ目の停留所で降ろして」

と、お願いすべきだったんだ・・・。



かなり疲れた1日だった。

ヘトヘトになってベッドに入ったのに、なぜか夜中の2時目が覚めて

眠れない。

神経がたかぶっているのか、時差ボケなのか。


明日は義妹は仕事。

義妹の働くショッピングモールへ行く予定なんだけど、

ちゃんと行けるのか・・・。

かなり不安。



東京旅行 part2?

どうも。syuです。

東京旅行part2をupしようと思ったのですが

画像の更新にとまどり、syuの近況をお送りします(笑)


長男長女のクリスマス会送迎に追われ、

それはそれで楽しいのですが、



次男!!

このお方のおかげで、この人が寝てくれないと

なにも進まない・・・。


こんな夜中に、寒いパソコン部屋で湯たんぽを背負いながら

パソコンに向かっています。


明日は長男長女の友人のクリパ。

子供抜きで、大人だけで楽しみたいのですが・・・。


名古屋地方では土曜の夜中にやっているSATCの録画を見つつ、

キャリー、贅沢言い過ぎ!!

と、ひとり突っ込みをしています。


慌しい師走、唯一の救いは、年賀状の発送が終了したことです。


しかし、夫と私の共通の友人の皆様の年賀状は

元旦に届くかどうか。

夫の検閲待ちなので(笑)


ちょっぴり、壊れかけた、師走のsyuでございました。

お引越し

2006年9月から続けてきた「syuの喜になる毎日」。
こちらのブログに引っ越してきました。
以前のブログは
http://angelsyu.blogzine.jp/syukininaru/
で引き続き見られますが、これからはこちらに更新していきます。
これからもよろしくお願います!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。